2008年03月30日

SFAA日本語訳(文科省版)が手に入ることになりました

昨日すみださんが文科省に問い合わせをされ、文科省版SFAAに関して以下のような回答が得られました。

1.文科省はAAASとの契約で、翻訳物の増刷や電子データの配布はできないことになっている。
2.翻訳物はすでにAAASに送付済みではあるが、現状どうなっているのかは分からない
#チェックなどで手間取っている可能性はある。
3.増刷できないので大量配布は無理だが、10冊程度であれば提供できる

当プロジェクトとしては1にきな臭い感じを受けはしますが、今日はそれは脇において3の話です。


文科省の翻訳本はやはり関係機関での利用をメインに想定しているもののようで、
それを広く頒布することはやはり色々な絡みで無理なようです。
#AAASの方も2年近くほったらかしで現状どうなっているのか良く分かりません。

しかし少数ならなんとかなるということで、10冊程度なら提供可能というコメントを頂けました。
そこで、このブログを読んでくださっている方々から希望者を募集します。

送付希望者は、私に対して住所氏名を明かしていただくことになりますが、
それでも構わないのであれば、郵送先の住所をメールで私に伝えて下さい。
私のメールアドレスは『blackshadow_zero@yahoo.co.jp』です。
先着10名様までですが、私の方で希望者をとりまとめて先方に伝えます。
#10名が決まり次第ここでまたお知らせします。


なお、当プロジェクトでは、文科省版のSFAAはあくまでも参考文献として扱います。
これをそのままコピペするような行為は厳禁とさせていただきます。


<3/8追記>
現時点で、私を含め希望者は4人います。
とりあえず来週の日曜の段階で受付を一旦締めて、申し込みを行おうと思います。
どうぞご了承ください。

<3/15追記>
現時点での希望者は7名です。
明日の午後5時を持って希望者の受付を停止し、申し込みを行いたいと思いますのでご了承ください。

<3/18追記> 文科省版SFAAの申し込みは16日を持って締め切りました。
私を含めて8名の方が申し込みをして下さいました。
現在先方に問い合わせ中なので、続報が入り次第またここでお知らせいたします。
<3/30追記> こちらの不手際によって、申し込みが遅れておりました。 申し込んでくださった方には、今しばらくお待ちいただけるようお詫び致します。
posted by 黒影 at 01:12| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近畿大学の近藤です.

先日も書きましたが,ネットワークの力を感じます.随分前のNHKの番組でしたが,固定した組織ではなくネットワークによって柔軟にリンクした人々によるプロジェクトが世界を変えていく...という番組がありました.コンピュータのOSのLinuxもそうですね.とってもワクワクします.

前置きが長くなりましたが,私も上記の翻訳を希望します.住所は
〒577−8502
東大阪市小若江3−4−1 
近畿大学理工学部理学科 近藤
です.よろしくお願い致します.
Posted by 近藤康 at 2008年03月07日 09:24
はじめまして、にしやまと申します。

訳本をぜひ頂きたいのですが、黒影様のメールアドレスがどうにも見つかりませんでした。
私のメールアドレス宛に、連絡先をお教え頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
Posted by にしやま at 2008年03月14日 01:59
>にしやまさん
申し訳ありません。このページにもメールアドレスを載せておくべきでした。
ご指摘を受けてエントリにはメールアドレスを追記しておきました。
また、こちらからメールを遅らせていただきましたので、改めてご連絡ください。
Posted by 黒影 at 2008年03月15日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88547817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。